リロケーションして賃貸

リロケーションとは日本語で、移転、配置転換
といった意味になる言葉で、不動産用語として
転勤で空室になった住宅を一時的に他人に
貸し出すこと
を言います。

 

たとえば、マンション住まいをしていて長期の
転勤が決まった場合、選択肢としてはこれまで
住んでいたマンションを売却するか、そのまま
所有しておくかの2つになります。もうそのマンションで暮らすことがないという場合なら
売却も1つの方法になりますが、転勤の場合はまた戻ってくることも考えられ、安易
に売ってしまうことはできません。

 

とはいえ、所有しているままだと利用していないにも関わらず家賃の支払いがあり
ますから損をしてしまいます。こうしたケースに対応することができるのがリロケーション
というわけです。

 

リロケーションの場合、一時期に貸し出すことになりますから、再度そのマンションで
暮らす可能性がある場合でも安心で、それでいて使っていない間は家賃の支払い
がなくなります。

 

非常に便利な方法と言えるのですが、そのためには入居希望者を見つけなければ
なりません。また、管理もしなければなりませんから負担が増えるのも事実です。

 

そこで不動産会社に管理を委託する方法があります。

 

この方法なら面倒な管理作業を自分で行う必要がなく、不動産会社に任せるだけで
リロケーションをすることが可能です。

 

自分は仕事に専念することができますから、非常に便利な方法と言えるでしょう。

 

もし転勤が決まった場合は不動産会社に相談してリロケーションをするのがおすすめです。


マンション・アパート・一戸建てが高く貸せると評判!

分譲マンション、一棟アパート、一戸建てを高く貸し
出す事ができるマンション貸す.com!

 

見積比較に最適な社数からの査定で、スピーディーに
マンションオーナー様のお悩みを解決!

 

賃貸管理会社を探している」「家族が転勤となり
マンションを貸し出したい」「賃料を保障してほしい」「空室期間があってもいいから
なるべく高く貸したい」「住み替えで 今の家を売らずに貸し出したい」「相続した
マンションを貸したい」など様々なお悩みにお応えしています。

 

あなたの街で1番頼れる不動産会社(大手、地場)が探せる事から、その後は継続して
賃貸収入を得られる
事でしょう。

 


このページの先頭へ戻る