長期空室どうする?

転勤などの理由により、現在住んでいる住宅を
長期間に渡って空室にしてしまうこともあります。

 

この場合、将来的にまた住む可能性を考えると
売却することも難しいのですが、かといって手放
さないでいても無駄になってしまうだけです。

 

そこで検討したいのが、一時的な貸し出し、つまりリロケーションです。

 

リロケーションなら自分が利用していない間、他の人に貸し出すことによって家賃収入を
得ることができますのでお得です。

 

もしその住宅のローンがまだ残っているという場合は家賃収入をローンの支払いに充てる
ことができますし、ローンの支払いが終わっているなら家賃収入は全て自由に使える
お金となります。

 

そのため、なんらかの理由で長期空室になってしまう場合は誰かに貸すのがおすすめです。

 

とはいえ、貸すとなれば色々な作業があります。

 

まずは入居希望者を集めなければなりませんし、その後は交渉をし、入居後は管理業務
があります。

 

本業をこなしながらこれらの業務を全て自分で行うのはとても大変で、転勤となれば遠く
離れた地域で暮らすわけですからなおさらです。

 

そこで、賃貸管理会社に業務を委託する方法があります。

 

賃貸管理会社に任せた場合、入居者の募集から契約、管理業務まで全てお願いする
ことが可能です。つまり自分は何もしなくても家賃収入を得られるわけです。

 

これは非常に便利な方法と言えます。

 

空室を有効利用するためには、まずは賃貸管理会社に相談してみましょう。


マンション・アパート・一戸建てが高く貸せると評判!

分譲マンション、一棟アパート、一戸建てを高く貸し
出す事ができるマンション貸す.com!

 

見積比較に最適な社数からの査定で、スピーディーに
マンションオーナー様のお悩みを解決!

 

賃貸管理会社を探している」「家族が転勤となり
マンションを貸し出したい」「賃料を保障してほしい」「空室期間があってもいいから
なるべく高く貸したい」「住み替えで 今の家を売らずに貸し出したい」「相続した
マンションを貸したい」など様々なお悩みにお応えしています。

 

あなたの街で1番頼れる不動産会社(大手、地場)が探せる事から、その後は継続して
賃貸収入を得られる
事でしょう。

 


このページの先頭へ戻る